1.

論文

論文
兼子, 直 ; 和田, 一丸 ; 千葉, 丈司 ; 村中, 秀樹
出版情報: てんかん治療研究振興財団研究年報.  8  pp.80-90,  1996-12.  てんかん治療研究振興財団
URL: http://hdl.handle.net/10129/1746
概要: てんかんの原因遺伝子解明を目標に,1993年「てんかん・熱性けいれん遺伝(千)解析に関する共同研究グループ」が設立され,家系収集とサンプリングおよび連鎖解析が進行している。家系調査の対象は,特発性てんかんbenignadultfamilia lmyoclonicepilepsy,severemyoclonicepilepsyininfancy,benigninfantilefamilialconvulsions,熱性けいれんである。特に,特発性てんかんのうち,childhoodabsenceepilepsy,epi・lepsywithgeneralizedtonic-clonicseizures,benignchildhoodepilepsywithcen・trotemporalspikeについては,発端者の親子よりも同胞にてんかん罷患者が多く,そのてんかん類型は発端者と同じである傾向が大きいことが明瞭であった。熱性けいれんの家系は22,benignadultfamilialmy∝lonicepilepsy(BAFME)の家系は17収集されている。BAFMEの連鎖解析により,現時点でその原因遺伝子は,6p,8p,12p,21qには存在しないことが判明した.<br />てんかん・熱性けいれん遺伝(子)解析に関する共同研究グループ 兼子直ほか37名 続きを見る
2.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: てんかん治療研究振興財団研究年報.  9  pp.204-206,  1997-12.  てんかん治療研究振興財団
URL: http://hdl.handle.net/10129/1748
概要: 国際交流助成受領報告(派遣);場所:シドニー 期間:平成7年9月5日~7日
3.

論文

論文
兼子, 直 ; 和田, 一丸
出版情報: てんかん治療研究振興財団研究年報.  11  pp.83-91,  1999-11.  てんかん治療研究振興財団
URL: http://hdl.handle.net/10129/1750
概要: てんかん・熱性けいれん遺伝(子)解析に関する共同研究グループ 兼子直ほか41名
4.

論文

論文
若林, 孝一 ; 森, 文秋 ; 岡田, 元宏 ; 兼子, 直
出版情報: てんかん治療研究振興財団研究年報.  15  pp.23-30,  2003-11.  てんかん治療研究振興財団
URL: http://hdl.handle.net/10129/1752
5.

論文

論文
福島, 裕
出版情報: 群馬県医師会報.  pp.38-43,  1988-08.  群馬県医師会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1771
概要: 第12回群馬てんかん懇話会(昭和63年2月20日開催)特別講演;本文データは「第12回群馬てんかん懇話会」冊子複製のため,群馬県医師会報とのページ付けと違う
6.

論文

論文
加地, 隆 ; 田中, 大 ; 渡邉, 誠ニ ; 鈴木, 礼子 ; 外崎, 敬和 ; 藤枝, 弘樹
出版情報: 学術報告.  15  pp.31-36,  2005.  太陽紫外線防御研究委員会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1881
7.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: てんかん治療研究振興財団研究年報.  4  pp.24-35,  1992.  てんかん治療研究振興財団
URL: http://hdl.handle.net/10129/1905
概要: てんかん治療の進歩により,多くのてんかん者が結婚し,挙児を望むようになった。そこで,妊娠可能てんかん女性の治療基準設定のため,抗てんかん薬(AED)の催奇形性,服薬中に授乳可能か否か,妊娠中におけるてんかん発作頻度変化などの問題を中心に前方 視的に検討し,以下の結果を得た。AEDの服薬が規則的であれば80%以上の症例で妊娠中にてんかん発作頻度は変化しない。AEDは胎盤を通過し,母乳中にも排推される。奇形はAED多剤併用投与により増加し,催奇形性の強いAED,あるいは危険なAED併用パターンの存在が明らかになった。パルビツール剤,ベンゾジアゼピン服用中には出産後1週間は授乳を避けたほうがよいが,それ以外のAED服薬は授乳を妨げない。AEDにより,胎児の発達は遅れるが,生後3年頃までに回復し,服薬てんかん妊婦の子供でも,育児に配慮することにより,身体精神の発達に大きな問題は残らないことが明らかとなった。 続きを見る
8.

論文

論文
田中, 善立
出版情報: 児童精神医学とその近接領域.  1  pp.190-204,  1960-06-01.  日本児童精神医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1943
9.

論文

論文
兼子, 直 ; 永山, 隆造
出版情報: 漢方と最新治療.  11  pp.237-240,  2002-08-15.  世論時報社
URL: http://hdl.handle.net/10129/1945
10.

論文

論文
八木, 達男 ; 市川, 潤
出版情報: 青森県立中央病院医誌.  6  pp.161-166,  1961.  青森県立中央病院
URL: http://hdl.handle.net/10129/1946
11.

論文

論文
菊池, 康 ; 松山, 麻子 ; 野村, 和夫 ; 平野, 喬 ; 秋田, 尚見 ; 松村, 和子
出版情報: 青森県立中央病院医誌.  pp.24-27,  1999.  青森県立中央病院
URL: http://hdl.handle.net/10129/1947
12.

論文

論文
兼子, 直 ; 板井, 貴宏
出版情報: 透析ケア.  4  pp.508-512,  1998-05.  メディカ出版
URL: http://hdl.handle.net/10129/1957
13.

論文

論文
天保, 英明 ; 兼子, 直
出版情報: 透析ケア.  8  pp.1098-1103,  2002-11.  メディカ出版
URL: http://hdl.handle.net/10129/1958
14.

論文

論文
北條, 敬
出版情報: 青森労災病院医誌.  6  pp.1-10,  1996-04.  青森労災病院
URL: http://hdl.handle.net/10129/1959
15.

論文

論文
渡辺, 俊三 ; 浅田, 譲 ; 吉村, 伊保子 ; 北條, 敬
出版情報: CT研究.  6  pp.472-473,  1984.  にゅーろん社
URL: http://hdl.handle.net/10129/1994
16.

論文

論文
三原, 一雄
出版情報: 遺伝子工学.  5  pp.63-68,  2001.  メディカル ドゥ
URL: http://hdl.handle.net/10129/2002
17.

論文

論文
Nakane, Yoshibumi ; Kaneko, Sunao
出版情報: Congenital Anomalies.  32  pp.309-321,  1992-12-30.  日本先天異常学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/2037
概要: The incidences of various complications during pregnancy are not significantlydifferent between epileptic and nonepileptic mothers in the majority of papersso far reported. More than 70 to 80010 of women with epilepsy will have no change inseizure frequency, while 5010 will have fewer seizures than before and the remaining patientswill have more seizures during pregnancy provided that their drug compliance isgood. Intrauterine growth, in particular, of head circumference of fetus is delayed.However, this retardation disappears within few years after birth. The risk of congenitalmalformations of the offspring born to treated epileptic mothers is greater than inthe general population. Among risk factors for teratogenesis that had been consideredto date, only antiepileptic drug (AED)-related factors had proved to be significantly relatedto the occurrence of malformations. Among AEDs, methylphenobarbital, valproate,primidone, carbamazepine and phenytoin are teratogenic, particularly when they areused in combination. Follow up EEG of children born to epileptic mothers revealed thatthe incidence of abnormal EEG was 44010, and 28 to 38010 showed epileptiform patterns.Only 7010 of offspring had epileptic seizures. In the offspring without clinical seizuresrevealed that most of the epileptiform patterns disappear after the age 10. Recommendationsconcerning AED therapy during pregnancy are also discussed. 続きを見る
18.

論文

論文
Kudou, Hisashi ; Kachi, Takashi ; Suzuki, Takao ; Saito, Yoshiharu
出版情報: Archives of histology and cytology.  64  pp.139-148,  2001.  International Society of Histology and Cytology
URL: http://hdl.handle.net/10129/2206
概要: This study aimed to clarify the effects of pinealectomy and sham-surgery on the area postrema (AP) by quantitative histological methods. Male, Wistar rats of normal (NO), sham-operated (SX), and pinealectomized (PX) groups were used in the late dark phase at 7 weeks of age. Consecutive frontal sections including the AP were stained with hematoxylin and eosin, and immunostained using PGP 9.5 for neurons, or GFAP or vimentin for glial cells. Consecutive sections of the AP were separated into five portions starting from the point of the central canal opening to the fourth ventricle in the caudal direction, and used for measurements. Mean cross-sectional areas of capillaries showed a lower value in the SX group than in the other two groups (vs NO, P<0.005; vs PX, P<0.03). In addition, the frequency distributions of the nuclear diameters of nerve cells showed different patterns among the three experimental groups (P<0.01), the frequency of large nuclei being higher in the SX group than in the other two groups. Possible mechanisms of the effects of sham-pinealectomy and pinealectomy and significance of the pineal-AP relation are discussed. The results of this study indicate that stuctural changes in the AP can be induced by intracranial surgery, suggesting certain pineal involvement in these changes. 続きを見る
19.

論文

論文
Kajihara, Satoshi ; Sakamoto, Tomomi ; Kachi, Takashi
出版情報: Archives of histology and cytology.  70  pp.147-161,  2007.  International Society of Histology and Cytology
URL: http://hdl.handle.net/10129/2207
概要: Ultrastructural features of adrenomedullary adrenaline (A) cells in golden hamsters and rats were investigated qualitatively and quantitatively with special reference to the Golgi apparatus. The A cells displayed a characteristic follicular arrangement, with each cell showing structural polarity in hamsters, but not apparently in rats. In hamsters, the Golgi apparatus of A cells was larger (t-test: P<0.001) and more frequently showed large and complexly organized structures (chi(2)-test: P<0.005) compared with that of rats. Quantitative analysis of the Golgi apparatus revealed differences in the size and numerical density of Golgi vesicles in relation to the animal species and region. Two-way analysis of variance (ANOVA) confirmed species difference in the size of coated vesicles (P<0.005) and interaction between species and region concerning the size of smooth-clear vesicles (P<0.01) and numerical density of granular vesicles (P<0.05). One-way ANOVA revealed regional differences in the size and numerical density of smooth-clear vesicles in rats and hamsters (P<0.01 approximately 0.001), and in the numerical density of coated vesicles in hamsters (P<0.05). Data were further analyzed by Tukey-Kramer's method. These and other reported results suggest that, in hamster A cells, the Golgi apparatus has different structural, molecular, and functional mechanisms which are at least partly related to the distinct cellular polarity and higher concentration of peptide hormones in secretory vesicles, and that in rat A cells, in contrast, loading secretory vesicles with A during the post-Golgi stage is predominant. In conclusion, the Golgi apparatus in hamster A cells shows markedly different ultrastructural features compared with that in rat A cells. 続きを見る
20.

論文

論文
Yamauchi, Takao ; Kachi, Takashi
出版情報: Archives of histology and cytology.  71  pp.115-122,  2008.  International Society of Histology and Cytology
URL: http://hdl.handle.net/10129/2208
概要: Effects of sham-pinealectomy and pinealectomy on preganglionic nerve endings on adrenomedullary adrenaline cells were investigated electron microscopically. Adult male golden hamsters from the normal, sham-pinealectomy and pinealectomy groups maintained under 24 h light-dark cycle and constant temperature were used at 28 days after surgery. From conventional electron microscopic specimens, montage photographs made of the adrenaline cell region at a magnification of x 11,000 were used for qualitative and quantitative electron microscopic analyses in 14 animals in each experimental group. The preganglionic nerve endings were localized mainly in the following three sites: the basal lamina part, the follicular lumen-junctional intercellular part, and the adrenaline cell-invaginated part. In the latter two parts, nerve endings and fibers had no envelope frequently, and in the former two parts, nerve endings sometimes showed the invagination complex. The frequency of nerve endings was highest in the follicular lumen-intercellular part, next highest in the basal lamina part and lowest in the A cell-invaginated part. The frequency of nerve endings in the basal lamina part was lower in the pinealectomy group than in the sham-pinealectomy group (P < 0.021), and those in the other two parts showed opposite changes, more evidently in the A cell-invaginated part. Nerve ending profiles in the adrenaline cell-invaginated part--which displayed a more rounded shape--increased in size in the pinealectomy group (longer diameter: P < 0.04; shorter diameter: P < 0.05). In conclusion, preganglionic nerve endings in the adrenal medulla of the golden hamster show differential morphological changes following PX depending on the intracellular part of A cells. 続きを見る
21.

論文

論文
Suzuki, Takao ; Kachi, Takashi
出版情報: 解剖学雑誌.  70  pp.130-139,  1995-04-01.  日本解剖学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/2258
22.

論文

論文
兼子, 直 ; 藤岡, 邦子 ; 平野, 敬之 ; 島田, 杉作 ; 斎藤, 文男 ; 福島, 裕 ; 佐藤, 時治郎 ; 野村, 雪光
出版情報: 精神薬療基金研究年報.  14  pp.259-268,  1983-03.  精神神経系薬物治療研究基金
URL: http://hdl.handle.net/10129/4198
23.

論文

論文
時永, 昇
出版情報: てんかん研究.  15  pp.165-171,  1997-10.  日本てんかん学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/4216
概要: 抗てんかん薬(antiepileptic drugs:AED)の催奇性の機序解明の一環として、胎児毒性との関連が指摘されているepoxide体の加水分解酵素epoxide hydrolase(EH)および抱合酵素glutathione S- transferase(GST)の両酵素活性に与えるcarbamazepine(CBZ)、phenobarbital(PB)、phenytoin(PHT)、valproic acid(VPA)、zonisamide(ZNS)の影響を検討した。ラット肝マイクロゾームを用いて両酵素の活性を各AEDの影響下で対照群と比較検討したところ、VPAはEHおよびGST(2-2、4-4、7-7)活性を治療濃度(50~100μg/ml)より濃度依存性に抑制し、CBZ(10μg/ml)およびPB(40μg/ml)は治療濃度よりGST7-7活性を有意に抑制した。一方、PHTおよびZNSはEH、GSTの両酵素活性に対し治療濃度では影響を与えなかった。以上の結果から、VPA、CBZおよびPBを含む多剤併用時の奇形発現の増加の一因として、これらの薬剤によるepoxide解毒機構の低下が関与する可能性が示唆された。 続きを見る
24.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-04.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1759
25.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-05.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1760
26.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-06.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1761
27.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-07.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1762
28.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-08.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1763
29.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-09.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1764
30.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-10.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1765
31.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-11.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1766
32.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2001  pp.15-,  2001-12.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1767
33.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2002  pp.15-,  2002-01.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1768
34.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2002  pp.15-,  2002-02.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1769
35.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: ともしび.  2002  pp.19-,  2002-03.  日本てんかん協会東京都支部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1770
36.

論文

論文
佐藤, 時治郎 ; 福島, 裕
出版情報: 月刊波.  4  pp.4-5,  1980-03-05.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1773
37.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  6  pp.220-221,  1982-08.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1774
38.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  8  pp.22-23,  1984-01-05.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1775
39.

論文

論文
福島, 裕
出版情報: 月刊波.  8  pp.323-324,  1984-12-05.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1776
40.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  13  pp.349-353,  1989-10-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1778
41.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  15  pp.365-366,  1991-11-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1779
42.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  17  pp.12-13,  1993-01-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1780
43.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  17  pp.32-35,  1993-01-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1781
44.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  18  pp.32-33,  1994-09-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1893
45.

論文

論文
福島, 裕
出版情報: 月刊波.  19  pp.10-11,  1995-01-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1894
46.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: 月刊波.  19  pp.52-53,  1995-02-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1896
47.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: 月刊波.  19  pp.102-103,  1995-03-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1897
48.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: 月刊波.  20  pp.412-413,  1996-12-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1898
49.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: 月刊波.  22  pp.132-135,  1998-04-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1899
50.

論文

論文
和田, 一丸
出版情報: 月刊波.  22  pp.177-,  1998-06-01.  日本てんかん協会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1900
51.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: こころの科学.  pp.114-115,  2000-03-01.  日本評論社
URL: http://hdl.handle.net/10129/1955
52.

論文

論文
古郡, 規雄
出版情報: 毎日ライフ.  36  pp.100-101,  2005-09-01.  毎日新聞社
URL: http://hdl.handle.net/10129/2043
53.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: てんかん研究.  24  pp.57-,  2006-08.  日本てんかん学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/4211
54.

論文

論文
兼子, 直
出版情報: てんかん研究.  26  pp.103-104,  2008-06-30.  日本てんかん学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/4212
55.

論文

論文
丸井, 淸泰
出版情報: 弘前医学.  1  pp.1-10,  1950-05-01.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1594
56.

論文

論文
山村, 道雄
出版情報: 弘前医学.  3  pp.83-88,  1952-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1605
57.

論文

論文
島田, 久一郎
出版情報: 弘前医学.  9  pp.168-173,  1958-03-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1624
58.

論文

論文
菅原, 和夫
出版情報: 弘前医学.  9  pp.198-210,  1958-06-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1626
59.

論文

論文
佐藤, 恵一
出版情報: 弘前医学.  11  pp.121-128,  1960-01-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1628
60.

論文

論文
堀籠, 昭次
出版情報: 弘前医学.  11  pp.357-369,  1960-03-01.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1630
61.

論文

論文
安斎, 精一
出版情報: 弘前医学.  12  pp.103-114,  1960-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1632
62.

論文

論文
佐藤, 恵一
出版情報: 弘前医学.  12  pp.115-129,  1960-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1634
63.

論文

論文
佐藤, 恵一
出版情報: 弘前医学.  12  pp.130-133,  1960-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1636
64.

論文

論文
佐藤, 恵一
出版情報: 弘前医学.  12  pp.134-144,  1960-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1638
65.

論文

論文
佐藤, 恵一
出版情報: 弘前医学.  12  pp.145-156,  1960-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1639
66.

論文

論文
石田, 尚正
出版情報: 弘前医学.  12  pp.440-453,  1961-01-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1640
67.

論文

論文
福島, 裕 ; 清水, 隆麿 ; 斎藤, 佳一
出版情報: 弘前医学.  15  pp.484-492,  1963-12-28.  弘前医学
URL: http://hdl.handle.net/10129/1642
68.

論文

論文
渋木, 玖次 ; 森, 荘祐
出版情報: 弘前医学.  18  pp.87-93,  1966-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1652
69.

論文

論文
松本, 義孝
出版情報: 弘前医学.  18  pp.158-174,  1966-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1653
70.

論文

論文
佐々木, 仁
出版情報: 弘前医学.  18  pp.235-245,  1966.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1654
71.

論文

論文
後藤, 忠久
出版情報: 弘前医学.  18  pp.402-415,  1966.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1655
72.

論文

論文
古郡, 恒宜
出版情報: 弘前医学.  18  pp.521-538,  1966.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1657
73.

論文

論文
及川, 光平
出版情報: 弘前医学.  19  pp.310-322,  1967.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1658
74.

論文

論文
福島, 裕 ; 古市, 康昌 ; 山谷, 勇三 ; 渡辺, 俊三 ; 高橋, 剛夫
出版情報: 弘前医学.  20  pp.357-366,  1968-11-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1661
75.

論文

論文
斎藤, 佳一
出版情報: 弘前医学.  21  pp.333-341,  1969.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1663
76.

論文

論文
福島, 裕 ; 小林, 弘明 ; 佐藤, 時治郎 ; 森山, 隆
出版情報: 弘前医学.  32  pp.459-465,  1980-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1674
77.

論文

論文
渡辺, 俊三
出版情報: 弘前医学.  32  pp.466-474,  1980-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1676
78.

論文

論文
斎藤, 佳一
出版情報: 弘前医学.  32  pp.491-512,  1980-12.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1679
79.

論文

論文
兼子, 直 ; 本間, 博明 ; 小林, 弘明 ; 佐藤, 時治郎 ; 小出, 信雄 ; 羽根田, 敏 ; 渡辺, 準 ; 武部, 幸侃
出版情報: 弘前医学.  33  pp.245-254,  1981-06.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1681
80.

論文

論文
福島, 裕 ; 兼子, 直 ; 斎藤, 文男
出版情報: 弘前医学.  33  pp.296-302,  1981-06.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1684
81.

論文

論文
福島, 裕 ; 斎藤, 文男 ; 久保田, 修司 ; 兼子, 直
出版情報: 弘前医学.  34  pp.149-157,  1982-06.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1692
82.

論文

論文
安藤, 嘉朗
出版情報: 弘前医学.  34  pp.193-220,  1982-06.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1696
83.

論文

論文
久保田, 修司
出版情報: 弘前医学.  35  pp.272-281,  1983-06.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1699
概要: 弘前大学神経精神科において3年間以上の観察がなされたアブサンスの23症例を対象として,その発作と脳波所見の経過を検討した,治療前(初診時)脳波では,定型的な3Hz棘徐波結合が出現していたのは15例であったが,これに対して,不規則な棘徐波結合 は全例に出現していた.この不規則な棘徐波結合は,睡眠時に多く認められた.発作抑制と判定されたものが14例あったが,発作抑制と思われる後にも8例において発作波が認められた.定型的な3Hz棘徐波結合が3例に出現しており,不規則な棘徐波結合が8例に出現していた.不規則な棘徐波結合は睡眠時に多く認められた.以上のことから,治療効果の判定には,臨床的判断のみでは不十分であり,家族の報告,通常の観察によって発作が抑制されたと思われる場合においても,睡眠時記録を含めた脳波所見の推移が重要であると考えられるので,発作波が出現している間は治療の継続が必要であると考えられた. 続きを見る
84.

論文

論文
吉村, 伊保子
出版情報: 弘前医学.  35  pp.350-364,  1983-09.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1708
概要: Parkinson病40例の病歴学的研究により、精神症状を検討した. 34例において、経過中に精神症状がみられた. 20例では抗Parkinson(以下抗パ)剤投与前にもみられ、その症状は記憶・記銘力障害・抑うつ状態, 神経症状態, 性格変 化, 幻覚などであった. 抗パ剤で治療し経過観察された24例では全員に, せん妄, 痴呆, 幻覚, 妄想, 抑うつ, 不安, 焦燥, 神経症状態, 軽躁状態, 過食, 性的行動異常, 多幸, 反社会的行動などのいずれかがみられた.Parkinson病の経過中にみられた上記精神症状は次の3群に分けられた. すなわち, (1)心理的要因に基づいて生じた神経症状態や抑うつ状態など, (2)痴呆, (3)抗パ剤による中毒性精神症状である.したがって, Parkinson病患者の治療に際しては, 心理的, 環境的因子を十分に考慮する必要性があることを述べた.くわえて, 痴呆を伴った2例の剖検例を報告し, Parkinson病の痴呆の発生病理における大脳皮質病変の役割についても呈示した. 続きを見る
85.

論文

論文
熊谷, 輝
出版情報: 弘前医学.  35  pp.421-440,  1983-09.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1709
概要: 1981年4月から1982年10月の間に著者が関わった症例(一部例外を含む)から, カミサマ(津軽地方の民間治療者)と関わりのあった8症例を抽出し, シャーマニズム的民間治療体系と精神医療の関係性について, 「治療導入」と「治療の展開」に的 を絞って事例分析を行った. その結果, シャーマニズム的社会・文化状況の中で病者に対する精神科治療をより効果的なものとするには, 精神衛生思想の普及とともに, 医療とカミサマとの間での役割分化(病気の治療は医療へ, 病気の意味づけはカミサマへ)を考慮する必要のあることが示唆された. 続きを見る
86.

論文

論文
本間, 博彰
出版情報: 弘前医学.  35  pp.465-471,  1983-09.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1702
概要: 入院治療中のてんかん患者19名を対象に,血清抗てんかん剤濃度の日内変動を調べた.血清抗てんかん剤(Phenytoin(PHT),Carbamazepine(CBZ),Phenobarbital(PB))の日内変動のパターンと最低及び最高血清 濃度(Cmin,Cmax)を生じる時間と日内変動の大きさを検討した.ついで診療時間における外来患者の血清濃度を入院患者の血清濃度の日内変動と比較検討した. 血清濃度の測定には酵素免疫法を用いた.① 日内変動のパターンはPHT,PBでは変動の小さな平坦なパターンを示す.一方CBZでは変動が大きく,個々の症例で異なったパターンを示す.②PHT,CBZでは血清濃度は早朝第1回目服薬前にCminを示し,6時間から8時間後にCmaxを示す.PBではCmin,Cmaxの出現時間はかなり変動する.③外来患者では,診療時間における血清濃度はCmin,Cmaxの間にあり,PHT の場合は変動が小さいためにCminに近い値を示す. 続きを見る
87.

論文

論文
久保田, 修司 ; 斎藤, 文男 ; 福島, 裕 ; 佐藤, 時治郎
出版情報: 弘前医学.  36  pp.557-563,  1984-12.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1713
概要: Rolandic discharge(R.D.)の経過に伴う変化と,その変化に影響を与える因子を検討するため,R.D.の振幅,側性の変化を追跡した.25例のBECCT を対象としたが,その経過観察期間は4年から20午,平均10年であった.R .D.の振幅は年齢に依存することが確認された.すなわち,覚醒時R.D.の振幅は9歳台に最も大きいが,その後減少して13歳台に至ると,R.D.は認められない.一方,睡眠時のR,D.の振幅の減少の仕方は覚醒時に比べて遅く,12歳以後明らかな減少がみられ,17歳台になると,R.D.は認められなかった.しかしながら,発病年齢が若い群の中にも治療開始後,短期間にR.D.の振幅が減少・あるいはR.D.が消失する例も見られることから,R.D.の経過に抗てんかん薬による治療が影響している可能性も否定できないものと考えられた.R.D.出現の側性に影響を与える塩床的因子は見出せなかった. 続きを見る
88.

論文

論文
北條, 敬
出版情報: 弘前医学.  37  pp.392-420,  1985-06.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1715
概要: マイクロコンピュータを用いて急性期をすぎた右利き失語症患者127例のCT所見上の病巣部位を重ね合せ次の結果を得た.① ブローカ失語:病巣は一般に大きく島, レンズ核,中心前回下部の深部皮質下領域に重なりが多かったが, この失語症状群に決定的 と思われる局在部位の定位は困難であった.② ウェルニッケ失語:ウェルニッケ領野を含む上側頭回と上・中側頭回の皮質下領域に病巣の重なりが多く限局していた.③健忘失語:病巣は小さく左半球のほほ全域に分布しており局在は定め難かった.④伝導失語:病巣はウェルニッケ領野を含む後方言語野に集中し,特に上縁回に症例の80%が病巣を有していた.⑤全失語:柄巣は大きく症例の70%はブローカ領野とウェルニッケ領野の両言語野を包含するが,限局した小病巣でもこの失語症状群を呈するものが認められた.この方法を用い症例を増やすことにより,境界例の位置づけや,新たな失語症状群の分類などに貢献できるのではないかと期待される. 続きを見る
89.

論文

論文
安藤, 嘉朗 ; 熊谷, 輝 ; 小井田, 潤一
出版情報: 弘前医学.  37  pp.730-741,  1985-10.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1716
概要: チック症児5例の箱庭療法の過程を報告し,法則定立的な見地から検討した.従来の箱庭療法の報告は症例記述的方法によるものであるが, 5症例の箱庭療法の経過を法則定立的に見ると,治療過程における箱庭イメージの変遷に,バリエーションはあるものの次の ような共通した段階が見てとれた.1)問題の提示(脅威・禁止の存在,自由なエネルギーや攻撃性の封じ込めの表現).2)左右や内外の分割と流動.3)伯仲した「戦い」などの対峙・均衡.4) 「耕し」「工事」の表現,あるいは作ったり壊したりの砂遊び.そして,このような箱庭イメージの変遷における法則性はチック症治療の一つの里程標になりうると思われる.さらに,これらの展開は,箱庭表現により患児の自我が,脅威にさらされ抑圧されていた内的衝動や攻撃性と出会い,自律性を獲得していく過程であると考えられた. 続きを見る
90.

論文

論文
渡辺, 俊明 ; 甲藤, 敬一 ; 川上, 弦一郎 ; 伊神, 勲 ; 真里谷, 靖 ; 中村, 惠彦 ; 齋藤, 陽子 ; 田村, 是六 ; 篠崎, 達世
出版情報: 弘前医学.  38  pp.398-404,  1986-09-30.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/5035
概要: CT画像は,臓器あるいは病変部の描出に優れた能力を持っているが,横断画像である為,ある程度以上の大きさを持ったものは数スライスにわたり描出されることになる。読影者はこれらスライスの各像を頭脳内で合成し,三次元画像として認識している。これら頭 脳内で抽象的に合成される三次元画像が具体的に図示できれば極めて有用と考えられる。そこで我々は,CT画像より臓器あるいは病変部の輪郭をコンピュータに入力し,そのデータを基に,スプライン曲線を利用して三次元画像合成を行なうプログラムを独自に開発し,実用の範囲と判断される成果を得たのでここに報告する。 続きを見る
91.

論文

論文
Kaneko, Sunao
出版情報: 弘前医学.  38  pp.434-456,  1986-09.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/2040
概要: Clinical and basic researches on epilepsy and pregnancy. in particular of antiepilepticdrugs (AEDs) on the fetus and the epileptic mother, and those of pregnancy on the course ofepilepsy were reviewed.The complete control of seizures in the pregestational period and regular drug taking are veryimportant for better management of pregnant epileptics with medication, since the seizure frequencyremains mostly unchanged when the patient's compliance is good. If the serum leveldecreases, one must confirm the patient's compliance. Once compliance has been established, thedose should be increased only when seizures occur.Most AEDs cross the placenta and some cause unwanted effects on the embryo, the fetus, orthe newborn.Thus pre-conceptional counselling should ensure that an epileptic embarks upon a pregnancywith her epilepsy well controlled by a minimal dose of AEDs, and adequate answers for the questionsraised by the patient should be given to prevent poor compliance.There is an increased risk of major congenital malformations among the offsprings of womenwith epilepsy, most of whom are on AEDs. Part of this increase is due to exposure to AEDs.Other factors also appear to play an important role. Prevention of malformation can take placebefore the onset of the pregnancy by decreasing the dose of the drug and/or changing from acombination of AEDs to a single drug, since there is a dose-response relation for teratogenesisand a greater occurrence of congenital malformation when the mother receives combined AEDtherapy.An aspect of prenatal growth deficiency that has raised concern is that brain growth may beaffected, producing microcephaly and mild to moderate mental retardation. However, the delayin the physical development of the offspring may be transient. The psychomotor retardationcontinued only through infancy. if they were nursed properly. 続きを見る
92.

論文

論文
油井, 邦雄
出版情報: 弘前医学.  39  pp.447-466,  1987-07.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1718
概要: 妄想型分裂病の生物学的病態には線条体,中脳辺縁領域dopamine(DA)系と,これに対する抑制系との機能関連の破綻および前頭葉皮質DA系機能の変化が関与する可能性をWistar系雄ラットを用い行動薬理学的に検証した.抑制系としてコリン作動 系を取りあげ,methamphetamine(MAP)とscopolamine(SCOP)を併用して反復投与することによる線条体,中脳辺縁領域DA系の過剰活動とコリン作動系の機能低下の共存下での常同行動,逆耐性現象を従来のMAP反復投与モデルと比較,検討した.また,MAP+SCOP投与群の常同行動,逆耐性現象について,mesocortico-prefrontalDA 系の機能低下を来すとされる隔離飼育ラットと集団飼育ラットに分けて検討した.MAP+SCOP投与群はMAP投与群に比し,また,隔離飼育群は集団飼育群に比し,常同行動,逆耐性現象が顕著であり,安定した出現様態を保ち,かつDA受容体遮断薬の作用を受け難かった.したがって,上記の可能性は支持され得ると考えた. 続きを見る
93.

論文

論文
川上, 保之
出版情報: 弘前医学.  40  pp.392-403,  1988-10.  弘前大学医学部
URL: http://hdl.handle.net/10129/1720
概要: 中学校生徒の「暴力」と「不適応」について,質問紙法による調査を4カ国(日本・西ドイツ・タイ・インドネシア)の5都市(横浜・弘前・ハノーバー・バンコク・メダン)7群の総計641名に実施した.結果を統計学的に分析し,比較文化的問題について考察し 検討をくわえた.日本国内間の比較では,有意な差はみられなかった.しかし国の異なる3つの大都市の群間では,大きな違いが認められた.また宗教的背景の異なる同一地域内での3群間では,有意な差と構造的な違いが認められた.これらのことから,中学校生徒の「問題行動準備性」形成には,世界共通と考えられてきた「現代化」や「都市化」による影響よりも,それぞれの社会文化や宗教的背景の違いがより多く影響するものと考えられた. 続きを見る
94.

論文

論文
真里谷, 靖
出版情報: 弘前医学.  40  pp.477-488,  1988-10-14.  弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/5036
概要: 頭頸部扁平上皮癌31症例において,生検あるいは外科的切除により得られた検体を用い,Flow cytometryによる核DNA量(Ploidy levelとDNA index)およびS期細胞数の割合(%SF)についての解析を行った。そして,こ れらの指標とリンパ節転移との相関について検討を行った。結果は以下の如くであった。1)腫瘍細胞の核DNA量とリンパ節転移には明らかな相関は認められなかった。2)%SFはリンパ節転移と有意の相関(p<0.01)をもっており,この相関は,臨床経過の長さあるいは腫瘍のheterogeneityの影響をあまり受けないと考えられるT1,2症例において顕著であった(p<0.005)。3)病理組織学的悪性度評価(分化度)とリンパ節転移には統計学的に有意の相関は認められなかった。しかし,同じ分化度の症例においては%SFが高くなるほどリンパ節転移が多い傾向が認められた。以上の結果より,Flow cytometric DNA analysisにより得られる%SFは,リンパ節転移傾向の指標として有用であり,病理組織学的評価を補う悪性度の指標となり得ると考えられた。 続きを見る
95.

論文

論文
北原, 明彦
出版情報: 弘前医学.  41  pp.254-264,  1989-09.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1722
概要: Sodiumvalproate(VPA),Carbamazepine(CBZ),Phenytoin(PHT)およびPhenobarbital(PB)単剤治療てんかん患者の末梢血液像について血中濃度との関連を加えて検討を行った.赤血球系では, これら抗てんかん薬による影響はほとんどないものと推定された.白血球系では,VPA,CBZ,PHT服薬群に好中球減少傾向,CBZ,PHT,PB服薬群にリンパ球減少傾向を認めた.白血球の中でも臨床的に最も問題とされる好中球減少に着目するとVPA・CBZでとくに注意が必要と考えられた.血小板についてはVPA,PB服薬群に血小板減少傾向を認めた.そのうちVPA には濃度上昇によって増強する血小板減少作用があるものと考えられた.以上得られた成績の全体を総合して考察した結果,血液障害について注意をはらうべき薬剤は,まずVPA・CBZであり,ついでPHT,最後にPBの順になると結論した. 続きを見る
96.

論文

論文
華園, 壽英
出版情報: 弘前医学.  41  pp.363-377,  1989-12.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1723
概要: TokenTest(TT)は失語症検査法の一つである.TT,標準失語症検査(SLTA),アーヘン失語症検査(AAT)自発語評価基準を140名の失語症患者に実施した.TT と他の二つの検査法の関係について,多変量解析を用いて神経心理学的に検討 した.主な結果は次の通りである.1)TTのPart3から6は,失語症者にとって難易度が必ずしも等間隔にランクづけられていないと思われた.2)TTは, SLTA とは近似の,AAT 自発語評価基準とは異質の検査法である.3)TTは聴覚言語機能をある程度反映した検査法である.4)失語症型の判別能力については,TT はSLTA より劣る. しかし,TT とAAT 自発語評価基準を併用すると,TT単独の場合より失語症型判別能力は著明に向上した. 続きを見る
97.

論文

論文
三浦, 隆男
出版情報: 弘前医学.  41  pp.437-445,  1989-12.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1724
概要: 妄想型分裂病の動物モデルとして作成してたmethamphetamine(MAP)とscopolamine(SCOP)の同時投与ラットに対して音刺激を与え,その効果を常同行動,逆耐性現象を指標として検討した.妄想型分裂病の従来の動物モデルであ るMAP投与ラットでは,音刺激負荷によって行動反応は増強された.この反応性の増強は,MAP反復投与によるdopamine(DA)自己受容体の感受性低下によるDA系の過剰活動の増強に基づくものと考えられた.一方,MAP+SCOP投与ラットでは,常同行動の減弱,逆耐性現象の形成の抑制が認められた.この減弱効果は,MAP+SCOP投与ラットにおいて生じると考えられるDA系とコリン作動系との間の機能関連の不均衡を,音刺激が正常化する方向に作用した結果であると推定した.そして,この成績は,妄想型分裂病において,音刺激が治療的に何らかの意味を有することを示唆するものと考えた. 続きを見る
98.

論文

論文
矢部, 博興 ; 佐藤, 泰治 ; 佐々木, 俊徳 ; 石山, 哲 ; 斎藤, 文男 ; 福島, 裕 ; 小山内, 隆生
出版情報: 弘前医学.  42  pp.447-454,  1991-02.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1948
概要: 従来の対刺激CNV /iラダイムを対照として, 2警告刺激パラダイムにおける健常者13名の事象関連電位・反応時間を検討した.第2警告刺激が存在する事で,反応時間の短縮が有意に生じ,この刺激が,課題の遂行に合目的的に働いた事を示していた.さら に,第1警告刺激のP300の振幅減少が生じたが,反応時間の短縮との間に相関は無く,また第2警告刺激に対するP300は出現しなかった. しかし,命令刺激前の後期CNVの振幅増大には,反応時間の短縮との間に有意な相関を認めた.つまり,認知文脈の更新が生じない形で第2警告刺激が利用され,反応時間の短縮と準備電位を反映する後期CNVの増大を示した.一定時間間隔の2つの警告刺激が反応に対する心理的時間の取り方を容易にすると意味づける事もできるが,今後の検討が必要と思われた.また,第1-2警告刺激間の陰性電位の変化は生じず,第2警告刺激に対する予期に関連する新たなCNV成分は生じないと考えられた. 続きを見る
99.

論文

論文
佐々木, 俊徳
出版情報: 弘前医学.  43  pp.7-15,  1991-03.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1729
概要: Oddball課題の非標的刺激に対する健常人の事象関連電位,特にP300成分について,反応課題,刺激呈示確率を変えてトポグラフィカルな手法を用いて検討した.対象は,MMPI性格検査で正常範囲から逸脱のない健常男子大学生20名で,oddbal l課題の標的(2,000Hz)対非標的(1,000Hz)の刺激呈示確率を(20% :80%,35% :65%,50% :50%)と3段階に変化させて呈示し,標的刺激に対してボタン押しを行わせた.その結果,高頻度非標的刺激に対するP300成分は,標的刺激とは異なりCz優位に出現したが,潜時は標的刺激の場合と差がなかった.刺激呈示確率が50%の時,P300の振幅は有意にFz<Czであった.確率が低下するにつれてその波形は明瞭化したが,刺激呈示確率間の振幅差は有意ではなかった.従来,健常人では出現しないと言われた高頻度非標的刺激に対しても,標的刺激に対するP300と近い潜時で,Czで最大の分布を示すP300成分が見られることが示された 続きを見る
100.

論文

論文
石橋, 恭之
出版情報: 弘前医学.  44  pp.132-144,  1992-10-15.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/1885
概要: 腰神経叢の分節の変異と腰仙椎部形態との関連を,実習用遺体88体を用い肉眼解剖学的に調査した.腰神経叢分節変異の指標として,分岐神経,腰神経叢上下端,最下外側皮枝を,腰仙椎部形態として,仙前椎数,第12肋骨長,腰仙部椎体角,仙骨岬角,仙腸関節 面形態の変異を各々検索した.分岐神経は,起始根の高さと腰仙骨神経幹の太さにより,9型に分類された.分岐神経が頭側移動型になると,仙前椎数の減少と第12肋骨の短縮が生じ,尾側移動型になると,仙前椎数の増加と第12肋骨の延長が生じた.また分岐神経の変異の程度が大きい荏,その出現率は高くなった.腰仙部椎体角の最小となる部位は,分岐神経の頭尾側方向への移動変異と対応して,頭側あるいは尾側への漸進的な移動を示した.仙腸関節耳状面は,分岐神経の変異が東側型から尾側型へと変化するのに伴い周期的な形態変化を示した.以上の結果は,この部分が示す臨床症状の多様性の一部を説明すると思われる 続きを見る