1.

図書

図書
ジェシカ・ワプナー著 ; 斉藤隆央訳
出版情報: 東京 : 柏書房, 2015.10
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
石黒, 敦 ; 小松, 知子 ; 山形, 和史 ; 玉井, 佳子 ; 高見, 秀樹 ; 棟方, 昭博 ; イシグロ, アツシ ; コマツ, トモコ ; ヤマガタ, カズフミ ; タマイ, ヨシコ ; タカミ, ヒデキ ; ムナカタ, アキヒロ ; Ishiguro, Atsushi ; Komatsu, Tomoko ; Yamagata, Kazufumi ; Tamai, Yoshiko ; Takami, Hideki ; Munakata, Akihiro
出版情報: 弘前医学.  55  pp.95-100,  2004-03-31.  弘前大学医学部・弘前医学会
URL: http://hdl.handle.net/10129/62
概要: 慢性骨髄性白血病(CML)11例に対して,分子標的治療薬であるimatinibを投与した治療成績を検討した.対象は21歳から73歳(年齢中央値:54歳)までの男性6例,女性5例で,病期は慢性期8例,移行期・急性転化期3例であった.観察中央期 間11ヶ月で,9例の血液学的完全寛解を含む全症例にすみやかな血液学的効果を認めた.細胞遺伝学的効果では,前治療歴のない慢性期2例と移行期1例でPhiladelphia染色体の消失すなわち,細胞遺伝学的完全寛解(Complete CR),他の慢性期5例でMajor partial CRを認めた.Grade 3以上の皮疹,筋肉痛,血液毒性を認めた5例で休薬を要した他は重篤な有害事象を認めず,imatinib継続が可能だった.Imatinibは特に慢性期症例では軽微な有害事象のみで初期投与量が維持され,優れた細胞遺伝学的効果を得ることができた. 続きを見る