1.

図書

図書
土持, ゲーリー法一
出版情報: pp.84-105,  1995-06-15.  玉川大学出版部
URL: http://hdl.handle.net/10129/4388
概要: 『大学はどこから来たか、どこへ行くのか / 21世紀フォーラム永井道雄監修』(玉川大学出版部, 1995.6)所収
2.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  3  pp.15-29,  2008-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4718
概要:  国立大学法人弘前大学平成19年度の業務運営に関する計画(年度計画)には、ティーチング・ポートフォリオに続いて、「ラーニング・ポートフォリオの導入に向けた研究を行う。」ことをあげている。そこで、本稿では、『21世紀教育フォーラム』(創刊号、 2006年3月)に掲載した拙稿「ティーチング・ポートフォリオの積極的導入―自己反省から授業改善へ」を踏まえて、ラーニング・ポートフォリオとはどのようなものか、なぜ、ラーニング・ポートフォリオによる省察的実践が学習改善に効果的なのか、カナダおよびアメリカの大学の現状を中心にまとめた。 続きを見る
3.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  3  pp.93-95,  2008-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4728
4.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  4  pp.1-10,  2009-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4733
概要: これまで、「ティーチング・ポートフォリオの積極的導入~自己反省から授業改善へ」(創刊号)、「ラーニング・ポートフォリオ~学習改善のための省察的実践」(第3号)についてまとめたが、2008年度特別教育研究費「ティーチング・ポートフォリオを活用 したFD活動の展開」の一環として、ポートフォリオがどのようにFD活動に活かされるか、その可能性について述べる。 続きを見る
5.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  4  pp.41-42,  2009-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4738
6.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  4  pp.49-60,  2009-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4741
7.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  4  pp.89-90,  2009-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4746
8.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  5  pp.1-10,  2010-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4754
9.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  5  pp.11-30,  2010-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4756
概要: 教員の教育業績評価に関しては、中央教育審議会の答申の影響もあってティーチング・ポートフォリオが積極的に導入されはじめているが、教育分野、研究分野、そして社会貢献の三つの分野にもとづく総合的教員業績評価システムは未だ構築されていない。これらの 三つの分野を一緒にしたのが、「アカデミック・ポートフォリオ」である。本稿では、アカデミック・ポートフォリオについて、この分野で先駆的な取組をしているオーストラリアのクイーンズランド大学での調査および担当者への単独インタビューにもとづき、教員業績評価が実際にどのように運用されているか紹介する。最近、アメリカでもアカデミック・ポートフォリオが注目されている。アメリカの取組とオーストラリアとの違いも明らかにする。最後に、日本の大学におけるアカデミック・ポートフォリオ取り組みへの現状を大学評価・学位授与機構主催2009年度大学評価フォーラムにおける発表を中心に紹介する。 続きを見る
10.

論文

論文
土持, ゲーリー法一
出版情報: 21世紀教育フォーラム.  5  pp.72-77,  2010-03-31.  弘前大学21世紀教育センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/4764