1.

論文

論文
古村, 健太郎 ; 松井, 豊
出版情報: 地域未来創生センタージャーナル.  6  pp.15-25,  2020-02.  弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/00007127
概要:  本研究は、マッチングアプリの利用経験とリスクのある性交経験との関連を検討することと、マッチングアプリ利用の心理的背景を検討することを目的としたWebパネル調査を行った。調査対象は、18 - 29 歳の484 名(男性239名、女性245名 )であった。分析の結果、男女ともに恋人がいる人との性交、恋人以外の人との性交、見知らぬ人との性交の経験といったリスクのある性交経験は、アプリ利用経験がある場合に多かった。また、男性では金銭を支払った性交が、女性では既婚者との性交、首締めなどの危険な性交、金銭を受け取った性交、性病の感染経験が、アプリ利用経験がある場合に多かった。心理特性については、アプリ利用経験がある人は、賞賛獲得欲求やぬくもり希求の得点が高かった。これらの結果から、マッチングアプリの利用経験とリスクのある性交との関連について議論した。 続きを見る
2.

論文

論文
杉山, 祐子 ; 日比野, 愛子 ; 曽我, 亨 ; 近藤, 史 ; 古村, 健太郎 ; 平井, 太郎 ; 諏訪, 淳一郎
出版情報: 地域未来創生センタージャーナル.  6  pp.57-60,  2020-02.  弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/00007132
3.

論文

論文
古村, 健太郎 ; 相馬, 敏彦 ; 山中, 多民子 ; 杉山, 詔二
出版情報: 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル.  4  pp.27-37,  2020-03-31.  弘前大学 教育推進機構 教養教育開発実践センター
URL: http://hdl.handle.net/10129/00007114
概要: 恋人間暴力の加害と被害のどちらも、思春期や成人初期の若者の心身の健康や発達、社会適応に対するリスク因子となりうる。そのため、早期から恋人間暴力を予防するための実践が必要性である。近年では、恋人間暴力を未然に防ぐことを目的とした1 次予防が盛 んに行われている。しかし、恋人間暴力の1 次予防には、プログラムに参加する人々の動機づけを高める工夫が必要などの問題がある。このような背景を踏まえ、本研究は、恋人間暴力に対する1 次予防のプログラムで使用するための、恋人間の否定的相互作用を描いた場面を作成し、その場面における対処行動の行使可能性を検討した。この際、否定的相互作用の特徴と対処行動の行使可能性との関連についても検討した。その結果、主張的行動や攻撃行動の行使可能性は、別れの理由になる可能性が高いことや二者が対等ではないことといった場面の特徴と関連した。一方、受忍行動の行使可能性は、別れの理由になる可能性が低く、二者が対等であると感じるような場面の特徴と関連した。これらの結果から、恋人間暴力に対する1 次予防で用いる否定的相互作用の場面の用い方について考察した。 続きを見る