著者典拠情報

標目形:
高橋, 睦子(1952-)||タカハシ, ムツコ
属性:
Personal
日付:
1952
から見よ参照形:
Takahashi, Mutsuko
Takahasi, Mutuko
注記:
The emergence of welfare society in Japan, c1997: t.p. (Mutsuko Takahashi) p. ix (acknowl. profs. at Univ. of Sheffield, U.K., Internat'l Christian Univ., Japan, and Dept. of Social Policy and Social Work, Univ. of Tampere, Finland; husband, Dr. Mika Markus Merviö)
NDL choshamei, 1991; Kenyūsha sōran, 1984)
SRC:The emergence of welfare society in Japan / Mutsuko Takahashi(Avebury, c1997)
吉備国際大学教授
専攻: 福祉政策, 社会学
DV・虐待加害者の実体を知る (明石書店, 2008.12)
著者典拠ID:
DA10817447


1.

図書

図書
Mutsuko Takahashi
出版情報: Aldershot : Ashgate, c1997
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
トム・エーリク・アーンキル, エサ・エーリクソン著 ; 高橋睦子訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2018.7
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
小川富之, 高橋睦子, 立石直子編
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2016.2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
家族関係の紛争・葛藤への多様なアプローチ 高橋睦子 [執筆]
子どもの主体的な声を聴くこと : 臨床心理学の関わり方 平井正三 [執筆]
家族の葛藤と子どもの心と脳の発達 友田明美 [執筆]
両親の「不協和音」が乳幼児の愛着形成に及ぼす影響 渡辺久子 [執筆]
離婚後の子の養育 : 欧米先進工業諸国の対応を手掛かりとして 小川富之 [執筆]
離婚当事者の非対称性と子の処遇 立石直子 [執筆]
離婚後の親子 : 司法実務の動向 吉田容子 [執筆]
司法における面会交流の現実 可児康則 [執筆]
離別後の共同養育はだれの利益か 鈴木隆文 [執筆]
オーストラリアの家族法をめぐる近年の動向 : 日本は何を学べるか リサ・ヤング [執筆] ; 高橋睦子, 立石直子監訳
家族関係の紛争・葛藤への多様なアプローチ 高橋睦子 [執筆]
子どもの主体的な声を聴くこと : 臨床心理学の関わり方 平井正三 [執筆]
家族の葛藤と子どもの心と脳の発達 友田明美 [執筆]