著者典拠情報

標目形:
上野, 千鶴子(1948-)||ウエノ, チズコ
属性:
Personal
場所:
富山
日付:
1948
から見よ参照形:
上野, 千鶴子||ウエノ, チズコ
上野, 千鶴子||ウエノ, チヅコ
Ueno, Chizuko
Ueno, Tizuko
우에노, 치즈코
Ueno, Chizuko, 1948-
注記:
専攻: 社会学, 文化人類学
東京大学文学部助教授
共編書: 「シリーズ変貌する家族」 (岩波書店)
EDSRC:ドイツの見えない壁 : 女が問い直す統一 / 上野千鶴子〔ほか〕著(岩波書店, 1993.12)
東京大学大学院人文社会系研究科教授(1996年10月現在)
EDSRC:「家族」の社会学 / 井上俊 [ほか] 編集(岩波書店, 1996.10)
EDSRC:ジェンダーの社会学 / 井上俊 [ほか] 編集委員(岩波書店, 1995.11)
EDSRC:かけがえのない個から : 人権と家族をめぐる法と制度 / 辻村みよ子編(岩波書店, 2011.10) 執筆者一覧よりNOTEを追加 (2017.7.28)
東京大学名誉教授 (2011.10現在)
著者典拠ID:
DA00744915


1.

図書

図書
上野千鶴子著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2015.11
シリーズ名: 岩波現代文庫 ; 学術 ; G-334
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
シンシア・エンロー [著] ; 佐藤文香訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.3
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
天野正子 [ほか] 編集委員 ; 斎藤美奈子編集協力 ; 井上輝子解説
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.7
シリーズ名: 新編日本のフェミニズム ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本の女性学と「性役割」 井上輝子
戦略としての女 : 明治・大正の「女の言説」を巡って 牟田和恵
「主婦研究」のすすめ 原ひろ子
日本の婚外出生の歴史的変遷 善積京子
介護とジェンダー 春日キスヨ
母と娘がかくメッセージ 平川和子
物語のなかのセクシュアリティ : 男性像と女性像の相互性をめぐって 関礼子
女性の不安 波田あい子
女性の職業生活と性役割 平野貴子 [ほか]
姓へのこだわり : 夫婦別姓を考える 井田恵子
「女の経済的自立」「主婦」「母」、それぞれの思想をどう超えるか : 人間の「自立」と「共同性」を共に志向しつつ 池田祥子
女は昔から主婦だったのか 落合恵美子
夫婦間ケアリングのジェンダー分析 笹谷春美
職場のジェンダー分析 : 百貨店を事例として 木本喜美子
軍事組織とジェンダーより 佐藤文香
生き方を変えた女性たちの議会進出 大海篤子
アグネス論争の言説分析 妙木忍
身体の外見にかかわる規範 加藤まどか
日本の女性学と「性役割」 井上輝子
戦略としての女 : 明治・大正の「女の言説」を巡って 牟田和恵
「主婦研究」のすすめ 原ひろ子
4.

図書

図書
上野千鶴子, 宮台真司, 斎藤環 [ほか著] ; 双風舎編集部編集
出版情報: 東京 : 双風舎, 2006.7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ねじれた社会の現状と目指すべき第三の道 : バックラッシュとどう向き合えばいいのか 宮台真司著
バックラッシュの精神分析 斉藤環著
ジェンフリー・バッシングは擬似問題である 鈴木謙介著
教育の罠、世代の罠 : いわゆる「バックラッシュ」に関する言説の世代論からの考察 後藤和智著
脳と科学と男と女 : 心脳問題「男女脳」編 山本貴光, 吉川浩満著
バックラッシュ言説は「非科学的」である 澁谷知美著
テクハラとしてのバックラッシュ : 魔女狩りの特効薬、処方します 小谷真理著
ジェンダーを考える ジェーン・マーティン, バーバラ・ヒューストン著
「ジェンダー・フリー」概念に関するコメント バーバラ・ヒューストン著
「ジェンダー・フリー」論争とフェミニズム運動の失われた一〇年 山口智美著
「ブレンダと呼ばれた少年」をめぐるバックラッシュ言説の迷走 小山エミ著
「科学的」保守派言説を斬る! : 生物人類学の視点から見た性差論争 瀬口典子著
たかが名簿、されど名簿 : 学校現場から男女平等を考える 長谷川美子著
政権与党のバックラッシュ 荻上チキ著
不安なオトコたちの奇妙な「連帯」 : ジェンダーフリー・バッシングの背景をめぐって 上野千鶴子著
ねじれた社会の現状と目指すべき第三の道 : バックラッシュとどう向き合えばいいのか 宮台真司著
バックラッシュの精神分析 斉藤環著
ジェンフリー・バッシングは擬似問題である 鈴木謙介著
5.

図書

図書
天野正子 [ほか] 編集委員 ; 斎藤美奈子編集協力 ; 上野千鶴子解説
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.10
シリーズ名: 新編日本のフェミニズム ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「セクシュアリティの近代」を超えて 上野千鶴子
対幻想論 上野千鶴子
恋愛観と結婚観の系譜 井上輝子
癒しのセクシー・トリップ 安積遊歩
「レズビアン」とはだれか 掛札悠子
セックス誇大文化にとりこまれたカップル幻想は同性愛も異性愛も同じ 駒尺春美
「セクシュアル・ハラスメントの社会問題化」は何をしていることになるのか? : 性規範との関連で 江原由美子
女性・家族・暴力 内藤和美
嘲笑せよ、強姦者は女を侮辱できない : レイプ再考 松浦理英子
自分の足を取りもどす 田嶋陽子
花博「ミス・フラワークイーンページェントEXPO'90」開催中止を要求する抗議書 堺市女性団体連絡協議会
愛から遠い世界で 兼松左知子
プレイタウンで焼け死んだホステスたち 深江誠子
池袋事件でみえたもの 角田由紀子
アジアの買春地帯を行く 松井やより
「三楽」レイプ連想ポスター駅頭から消える 坂本ななえ
セックスは人格と切りはなせるか : ポルノ論争 宮淑子
「モア・レポート」のあゆみ 小形桜子
オナニーの人として吉本若手芸人のライブに呼ばれる もりもり・アイアイ
女から女へのメッセージ 河野美代子
どこまでできるセックス・ケア 小山内美智子
ドメスティック・バイオレンス 「夫(恋人)からの暴力」調査研究委員会
「セクシュアル・ハラスメント」概念の獲得が女性たちにもたらしたもの 丹羽雅代
「家族の暴力」に援助者ができること : 仲間をつくろう 信田さよ子
環状島の生成過程 宮地尚子
「娼婦」ラベルとは何か 川畑智子
なぜトランスジェンダーフェミニズムか 田中玲
往還するジェンダーと身体 三橋順子
セックスワーカーの運動 : それでも現場は廻っている 水島希
セックスワーカーから見たピル 桃河モモコ
「セクシュアリティの近代」を超えて 上野千鶴子
対幻想論 上野千鶴子
恋愛観と結婚観の系譜 井上輝子
6.

図書

図書
天野正子 [ほか] 編集委員 ; 斎藤美奈子編集協力 ; 井上輝子解説
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.3
シリーズ名: 新編日本のフェミニズム ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
メディアが女性をつくる?女性がメディアをつくる? : 付増補編解説表現とメディア研究のセカンドステージ 井上輝子 [著]
ビジュアル・イメージとしての女 : 戦後女性雑誌が見せる性役割 落合恵美子 [著]
新聞にみる構造化された性差別表現 田中和子 [著]
現実をつくりだす装置・イメージCM 鈴木みどり [著]
性別分業批判・らしさ固定批判・性的対象物 (セクシュアル・オブジェクト) 批判 加藤春恵子 [著]
絵本にみる女(の子)像・男(の子)像 藤枝澪子 [著]
フェミニズム出版、この一〇年 町田民世子 [著]
ニュースの送り手としての女性 小玉美意子 [著]
ニューメディアとジェンダー 村松泰子 [著]
日本における新聞「家庭面」のジャーナリズム 林香里 [著]
メディアにおけるステレオタイプとしての主婦像構成の規定要因 : 観察結果の考察 国広陽子 [著]
アニメの国 斎藤美奈子 [著]
高倉健の曖昧な肉体 斉藤綾子 [著]
「清き誌上でご交際を」 : 明治末期少女雑誌投書欄に見る読者共同体の研究 佐藤(佐久間)りか [著]
消費社会の政治学 : 一九七〇年代女性雑誌の分析をつうじて 坂本佳鶴惠 [著]
宝塚というメディアの魅力 川崎賢子 [著]
なぜ少女は自分を「ぼく」と呼ぶのか 中村桃子 [著]
クリティカル・ディスコース・アナリシス : ニュースの知/権力を読み解く方法論 : 新聞の「ウーマン・リブ運動」(一九七〇)を事例として 斉藤正美 [著]
この批評 (テクスト) に女性はいますか? : 男の批評を批評する 小谷真理 [著]
戦時下の婦人雑誌にみる女性イメージ 若桑みどり [著]
サロメが見せるもの : 日本近代演劇における視覚性とジェンダー 加野彩子 [著]
メディアが女性をつくる?女性がメディアをつくる? : 付増補編解説表現とメディア研究のセカンドステージ 井上輝子 [著]
ビジュアル・イメージとしての女 : 戦後女性雑誌が見せる性役割 落合恵美子 [著]
新聞にみる構造化された性差別表現 田中和子 [著]