著者典拠情報

標目形:
山中, 康裕(1941-)||ヤマナカ, ヤスヒロ
属性:
Personal
場所:
名古屋
日付:
1941
から見よ参照形:
Yamanaka, Yasuhiro
注記:
名古屋市立大・医・助手
京都大学教授(1994.4現在)
京都大学名誉教授
京都ヘルメス研究所所長
医学博士
専攻: 精神医学, 分析心理学, 精神療法, 心理臨床学
共編書:「文化・背景(臨床心理学 第5巻)」(創元社, 1992)
監修書「サリヴァン入門 : その人格発達理論と疾病論 / A. H. チャップマン, M. C. M. S. チャップマン著 ; 武野俊弥, 皆藤章訳」(岩崎学術出版社, 1994.4)
EDSRC:揺れるたましいの深層 : こころとからだの臨床学 / 中島登代子, 森岡正芳, 前林清和編 (創元社, 2012.12)
著者典拠ID:
DA00497146


1.

図書

図書
山中康裕, 馬場禮子責任編集
出版情報: 東京 : 金子書房, 1998.9
シリーズ名: 心理臨床の実際 / 河合隼雄, 山中康裕, 小川捷之総監修 ; 4
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
山中康裕, 森野礼一, 村山正治編
出版情報: 大阪 : 創元社, 1995.10
シリーズ名: 臨床心理学 / 河合隼雄監修 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
山中康裕, 西村洲衞男, 川上範夫編
出版情報: 大阪 : 創元社, 1992.9
シリーズ名: 臨床心理学 / 河合隼雄監修 ; 5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
河合隼雄, 空井健三, 山中康裕編集
出版情報: 東京 : 金子書房, 2000.8
シリーズ名: 臨床心理学大系 / 河合隼雄 [ほか] 企画委員 ; 第17巻
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
山中康裕, 岡田康伸編
出版情報: 東京 : 岩崎学術出版社, 1994.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
身体像の構造についての臨床的研究 三好暁光著
身体との対話 : 精神と身体の中間領域 名取琢自著
ある末期患者との関わり 伊原千晶著
心身症者における身体のあり方について 谷口奈青理著
場面緘黙症児のこころとからだ 石谷みつる著
母親面接の導き手としての「子ども」 橋本やよい著
サイコセラピーにおける「位相」に関する覚え書き 川嵜克哲著
沈黙と心理療法 高月玲子著
心理療法において生じる退行について : 治療者にとっての“クライエントの退行" 金山由美著
セラピストの死生観 進藤貴子著
「うん」少考 : 自閉が開かれるサインとして 中川純子著
法的な解決と心理療法 : 離婚を考える妻との面接 杉本孝子著
男性の後期青年期人格発達における対父親関係について 石谷真一著
心理学的観点から見た自己と他者についての一断章 伊藤美奈子著
壁のシミはどうして顔に見えるのか 福田昌子著
乳幼児虐待と心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関する一考察 棚瀬一代著
前青年期の発達課題としての友人関係について 市野直美著
中年期女性を対象としたグループワークの試みから 國吉知子著
青年期の対人恐怖的心性と幼児期の親子関係 久保恵著
「主体」の創設に関しての一試論(私論) 大山泰宏著
「木」のテストの指標とその意味 仁里文美著
最早期の描画における円の発生の意味 : 象徴の芽生え 森岡理恵子著
描画発達と風景構成法の構成段階 多田昌代著
ゲド戦記最後の巻『帰還』をめぐって 青木真理著
芸術家の「青」あるいは「青の時代」について 伊藤俊樹著
海外子女の境界性 竹内健児著
ひとつの思春期、『第七官界彷徨』 稲塚葉子著
妖怪・山姥からの連想 阿部一美著
深層心理学と宗教性 佐々木賢一著
真宗念仏者の意識の在り方 西村則昭著
魔女狩り : 影と悪について 高森淳一著
俳人種田山頭火の句における自然のイメージについて 松浦隆志著
証言と予言の成就について 松本由起子著
『ウガンブスクやっさー』琉球祖先崇拝文化のもつ「癒しのシステム」で「たたり」を防ぐ 片本恵利著
「安楽死」事件について思うこと 土屋邦子著
「縁起律」について 山中康裕著
身体像の構造についての臨床的研究 三好暁光著
身体との対話 : 精神と身体の中間領域 名取琢自著
ある末期患者との関わり 伊原千晶著